すべての思考は情報に過ぎない

「思考と、言語は単なるデータ

受けとるときに、自分が思考したと錯覚するけど、同時通訳してるだけ、

それを、まるで真実のごとく感じるから、自分は、悩んでいると、結論づける。

私のなかをデータが、通過したときに、そこに意識を向け、採用し執着してる。

テレビを眺めてるのと同じ、私(観測者)のものではない。


データは解決しないと物事か先に進まないというのも、錯覚。

スッキリできたら解決するというのは、そういうデータを持っているから、解決する作業が現実化していく。


しかし、本当に体感したいのは

すでに解決してしまった


で、ないのか?

ではれば、データはすでに解決してしまった。

今は平穏である。

を、採用すればいい。

毎瞬、新しい現実が過去と、なんの脈略もなく作られてるから、

それさえ腑におちてれば、自由意思で、具現化できる。」
by  mana
  

これを、採用してみてから、お金と、時間と、人間関係の悩みがほとんどなくなりました。

悩みがあるとしたら、新たに悩みと喜びを作り出すべく、新しいなにかに挑戦してるゆえに起こることくらい。

被害者、加害者の感情反応がたくさんあるひとは、

まず、その傷を、早めに受け入れるとよいそうです。(by mana)


恐らく私も日頃は気が付かない感情が、グーグーと、眠ってるだろうとおもうので、これから、全肯定カウンセリングで、掘り起こしていくのですけど。

幸せへの気付きの記録

独り言ブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000