豊かさのワーク

昨日は、以前から、興味のあった豊かさのワークに、参加して来ました。

私は、システムを理解するのに時間がかかったので、ゲーム本来の主旨である「お金をあびる」ということをあまり楽しむまでの余裕がありませんでした。
(ゲームの進行の早さに左脳の理解が追い付かないw完全後者なので)

わかったことは、兆単位になると、計算が面倒で、単位が増えると、うれしいというより、面倒っておもうもんなんだなってこと。

ひゃー、50兆なんて、ハイパーインフレー?
細かいお金(1000万以下w)数えるのめんどい。単位もう増えなくていい。って感じになる笑

そのお金のエネルギーで、なにがしたいとか、何ができるって、目標や理解がないと、紙や数字が増えても、単に経理やってるみたいで、苦痛なんだなと思いました。
(だれか、一人私専用の銀行ついてほしいくらいw)

なので、お金を回すにしても、自分がなにがしたいか、いくら必要かにフォーカスをしながらやってくのが、ゲームをより楽しむコツかも?

それか、単純にお金を増やすことを、目標にするとかでも、ゲームとしては楽しいとおもう。
(ゲーム内は、なんでもできるので、攻略法さえわかると、それ自体は超簡単な仕組み、仕組みを知って使うとうまくいくというのは、この世の縮図のよう)

システムの理解の遅い私には、最初の一回目は、ゲーム理解のためのゲームでした。
たぶん普通の人は、もっと早く理解できると思う。

私タイプの人は、明確な目標をある程度きめてから、最低500兆以上貯めるとか?すると途中でなげださなくていいかも?

でも、自分で貯めなくても、援助してもらえばいいからいいんだけどね。

あと、参加者さんが、

ほしいと願うと、「なぜなら私はないから」を、現象化するので、ほしい目が出ないけど、

その気持ちを手放すとほしい目がでる、あるいは次の手が浮かぶ。

と言うのをゲームでも証明されてたので、見ていておもしろかった。

目標を設定すると、そこにたどり着くけど、どんな風に行くのかは、宇宙にお任せとして実験していた私も、宝くじというラッキーな目がでたので、証明されたーと、うれしかった。

でも、攻略してやるほうが、達成感は感じれるかな?(男脳と、女脳の差)

達成感ホンモンって、私は、あまり体験したことないので、あこがれるのよね。笑笑

自分の夢を叶えたあとはひとつづつ決められた設定をコンプリートする目標があったので、ゲームはその後も楽しめます。

後半はほぼルールが自由設定なので、他人の発想、攻略を知れるのも単純におもしろいし、勉強になります。

私の場合、自分から自由にしていいといわれても、発想がそもそも、全然わかないので、人のやり方をおしえてもらうことで、なるほどーー!!まねしよーって、許可が出しやすく参考になった。(インプットされた。子供の学習と一緒ですな)

そして最終的にわかったのは、参加者K君と同じく、私も、自分でやるのではなくて、できる人(前者タイプ)について真似して目標を達成させてもらうタイプということ。

でも、まだそこ諦めてなくて、自分の力でできるようになりたい気持ちも強いです。

つまり、自分は後者で、日頃、前者な回りの人に全面的に支えられてうまくいってるけど、それもなんか、自分的には自立できてない気がして、満足してなくて、(もっとできるもんっておもってる)

回りに、「後者も才能だよ!」と、いってもらっても、

「いや、私も、前者に近づきたいんです!!」っていって、なのに余計な仕事を増やしてる状態w

心屋さんが、よくいってる「諦めなさい」っていうあれ

前者になりたい後者


(もちろん人には前者になれとか思わないけど、自分は勝手に前者になることに挑戦してるドM)

で、結局、結果はたすけられてるので、生粋の後者が、ゲームですら、露呈してるんだけどさ   笑笑  われながらうける。

つまり、私はやっぱり人に助けてもらって感謝してるタイプなんだと再確認させられた。

orz



幸せへの気付きの記録

今年の中盤から、私たちの未来が二つに別れるといわれていますけど、 別れるは分離で 目指すは統合なはず(笑) でも、自分の中のいらない感情は捨てても、あるいは、癒しても、 はたまた解放してもいいのでは? と、考えると、 ネガティブと言う敵は消え去るかもですね。 かわいいアマノジャクがそこに残るだけ と、私にはおもいます

0コメント

  • 1000 / 1000