おすすめ許可証(パーミッションスリップ)

バシャールがおすすめしてるパーミッションスリップ

パーミッションスリップとは、
自分の望みを叶えることを自分に許可する許可証のことです。

自分が望む現実を生きていないのは、誰のせいでもなく、自分自身の深層心理が自分に許可を出していないからだといいます。

まぁ、簡単に言うと願望実現とか、引き寄せのための方法の一つと思ってもらえばわかりやすいでしょう。

望月先生の「宝地図」みたく、ビジョンや言葉で、自分の望みを明確にしていくのは似ていますが、パーミッションスリップでは、さらに重要な点がいくつかあります。

それは、感情を伴う作業がとても大切だということです。

欲しいものならべて張っといたら終わり。
と、いうものではありません。


感情によって、自分の発してる波動の振動数が変わると言われているので、望むものを引き寄せたかったら、それを手に入れてる波動と共振する必要があると、バシャールはよく話しています。

だからパーミッションスリップを作っている作業中というのは、望むものをイメージして、さらにワクワクしながらつくることで、宇宙にそれを発信している作業になるというわけです。

作って終わりというものではなく、


ちゃんと作る間、心地いい気分で、ワクワクしながら作れているかということ、

やっていることは、望むことをイメージしてそれに相応しい波動をだす行為だということです。

そして、できればそれらの精度をあげる為には、どれだけその事について「明確にイメージ」出来ているかも大切です。

例えば、「彼氏が欲しい」だけだと、どんな男性かまで、イメージできてません。

自分の求めているのはどんな人なのかを、自分自身も再確認する必要があります。

「優しい人」ってだけではなく。

どんな人を自分は優しいと感じるのか?

「お金持ち」だけだと、すごいケチなお金持ちかもしれませんし、
仕事ばかりして帰ってこない人かもしれないし、女遊びの激しい人かもしれないわけです。

動物1匹にしたってそうです。

ほしかったトイプードルをもらったけど、すごいなつかないとかもあるかもしれません。

自分は、何が好きで何が嫌なのか自分のことを知ってくためにも、
細かく明確にしていくのは実はとても大切な作業です。

人って案外他人の価値観で生きていて、そもそもの本当の自分の気持ちとかわかってなかったりするんですよ。

この作業は、本当にわくわくすることなのかを自分に尋ねながらやっていくので、
思考や心の整理だとおもったらいいです。

だから、許可証を一日で完成するのではなく、

何日もかけてつくりあげたり、
自分の本当の願いに気がつく度につどつどかきなおしたりするのもおすすめです。


つづきはまた書きます。


幸せへの気付きの記録

独り言ブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000