挑戦

私たちは、100パーセント自分責任だといわれているのに、なかなかそれを認められない。

認めたくない。

認めて、自責にとらわれるのも嫌だし、感情がなによりも、先に反応してしまう。

でも、でも、学べば学ぶほど、

神も、仏も、宇宙存在も言うことは同じで、

自分への勘違いだといっている。

自分への自信のなさがすべての元凶

自分に自信がないから、他人から奪おうとする行為が生まれたと。

それらが、大きなことから、小さなことまで、

自分のやり方が正しいといって、相手のやり方を非難する。

たくさんの、「べき ねば」によって、自分と違ったあり方を 排除する。嫌悪する。

最初の最初にもどったら、

そんなこと誰もおもっていないのに、そうおもってると思い込んだ(思い込まされたと思った)勘違い

これはもう、本当に古い記憶で、魂の傷ともいえるものかもしれない。

だれも言ってないのに、恥ずかしいと自分で自分を卑下して感じた卑屈になったとか言うレベル。

この勘違いのせいで、私たちはみずからどんどん

メンヘラになっていく、、、、orz

26000年周期で、創造主と勘違いされた存在が、関与してくるといわれるこの数年は、大いなる気づきのチャンスだという。

ここで、私は不完全の勘違いに気がついて、次の段階にいくかいかないかを決めたほうがいいとここ数年言われてきた。

すでにゲートは閉じたとか、のる列車はすでに別れたという人たちもいる。

だけれど、そんなことに一喜一憂する必要もないと思う。

どなたのハイヤーセルフも完璧なので、「救おう」とかしてる人に力を挙げることなどないとおもうから。

自分の力を投影して、「救われたい」なら別だけど、

不完全(と勘違いしたまま)で、十分だということを心から信じれるようになることへの挑戦のような気がする。

私がそう思うだけで、勝手に挑戦しているんだけど、

誰かを悪者にして、自分をいじめない

その現象を引き寄せない。

犯人が自分の気がついていない領域の自分への勘違いだと早くに気がついて解放する。

そこに、挑戦。

https://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12355812033.html

0コメント

  • 1000 / 1000