承認欲求

人間にとって承認欲求って深いっていうよね。

誰かに認められたい欲求

最初はもちろん

親に認められたい誉められたいから始まって、先生とか、友達だちとか、上司とか、社会の不特定多数とか、

なんで、そんな承認欲求でるかってーと、スピリチュアルな視点からみたら人はありのまんまの自分を自己承認したいっていうのが大本にあるかららしい。

わざわざ自己承認のひくいところからスタートして、「どんな自分も」、「正も負も統合して」まるっこすべてが愛であることに気がつくというゲームみたいなもんなんだってさ

だけど、自分を認めるために、条件つけてる人は、「誰かに認められないと自分を認めれない」というスパイラルに落ちて
素敵な「別の誰か」になろうとして本当の自分を生きれてなかったりするから気を付けたいよね。

私が、私を一番好きでいる条件はいらないってことさね。

ダメダメでも、グダグダでも、せっかちでも、おっとりでも、抜け作でも、堅物でも

そんな自分を  まぁ、「それが私」ってできたら。

自分のなかで戦争が終わるから

世界の戦争もなくなるのかもね。




幸せへの気付きの記録

独り言ブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000